• tomoyasu nishino

ブログ:不動産業者を脅かす不動産サービス!?


記憶が正しければ、2~3年ほど前にY不動産とS不動産の大手不動産業者より新しい不動産取引サービスが開始されました。

サービス内容としては、普通の売却プランもあるようですが、お客様自身で所有不動産の価格を決め、不動産広告を掲載し、仲介手数料が売主は無料!

私自身も驚愕する画期的なサービス内容だと思いました。まだ、東京圏だけの話ですが、これが広まると思うと、不動産業者としては大変脅威です(^_^;)

しかし、詳しく内容を見ていくと、買主が現れたら一般媒介契約をS不動産と締結、しかし契約期間は他の不動産業者に依頼していたらだめ等があり、ここで少しおかしいのではと思いました(-_-)

不動産業者と締結する媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。

すべてお話しするのはまた次回として、上記一般媒介契約というのは自分で買主を探すのOK、不動産業者も1社だけでなく何社に依頼してもOKという契約です。

この時点で、私見ですが、他の不動産業者を排除している時点で疑問に思いましたし、宅建業法違反では?とも思いました。

一般媒介契約の内容であると、ほかの不動産業者が入っても問題はないはずなのですが、これは一体どういうことだと。不動産業界の悪しき習慣である囲い込みだと思ってしまいました。

ここで囲い込みについて説明しますと、不動産業者の仲介手数料は売主・買主の双方から貰えるのですが、売主・買主一方よりかは1社で両方の手数料を貰うほうが、貰える手数料が倍になりかなりおいしいです。これを、両手取引といいます。このため、両手取引で不動産業者は取引したいがために、売却物件の情報が入ると、他の不動産業者を入れようとはせずに、自社のところに直接来るお客さんを待ちます。このように、自社でほかの不動産業者から問い合わせがあるにもかかわらず、自社の中ですべて完結しようとする行為のことをいいます。

囲い込みをしてしまうと、売主からすると、早期に売却できるものもできない可能性があり、また高額取引のチャンスを潰されていることにもなります。

売主は仲介手数料無料で魅力的ですが、他の不動産業者に頼めない時点で高額取引のチャンス等を逃しているともいえますし、S不動産の営業理念にも反しているような気がします。

このサービスを利用したことがないので何ともいえませんが、S不動産のアドバイス等サービスがついてくるとのことですが、いくらプロのサービス付きといっても売買の交渉・手続き等は素人の方には難しいと思います。結局は、今まで通りの売買形態になるのではと思いました。

皆様は、このサービスについてどう思いますか?ご利用されますか?

かなり私見で書いた部分も多いため、誤解の無いように最後に書いておきますが、Y不動産とS不動産の新しいサービスを批判しているわけではありません。大手の不動産業者なのであれば、もう少し業界のため・お客様のためになるようなサービスでもよかったのではと思い、このように書かせていただきました。

ポータルサイトや他社サイトで気になる物件についてもお気軽にご相談下さい!!

相談するまでもないが、こういうことをブログに挙げて欲しい!!等々ご要望についてもお気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ(^^)/

#不動産ブログ

© 2015 有限会社 エステート北陸 All Rights Reserved.